GK`s Textbook タイトル

かまえた状態でのキャッチング練習

もっとキーパーが詳しく、上手くなる!

このサイトのサービス概要はこちら


今回から実際にボールをキャッチしていきましょう。
まずボールが来る前は構えて準備します。
かまえ-まとめ

「キャッチングお手本」で見たように、ボールが来る前から「受け皿」を作っておきます。
キャッチング-かまえて-1
キャッチング-かまえて-2

以上を踏まえた上で、ボールをキャッチします。
「基本概念」を同時に意識する事でよりキャッチングを安定させる事が出来ます。
キャッチング-かまえて-3

何本かキャッチしたら、「受け皿の作り方」で見たようにボールをキャッチした状態でボールを叩きましょう。
叩かれた衝撃に耐えられる手の形でボールを挟まずに「受け皿」に迎えるようにキャッチしよう。”とアドバイスをしましょう。
キャッチング-かまえて-4
「キャッチ」 → 「受け皿を作ってボールを叩く」。 のサイクルを繰り返す事で選手自身が自分の受け皿の形を覚え、安定したキャッチングを習得できます。
キャッチングが安定していない時にはこの練習を数分やるだけでも大きな効果が得られます。

次回は動きをつけたキャッチング練習をご紹介致します。

個別のアドバイスをもらいたい方は会員登録

をしてください!無料会員でも最新情報などお知らせしています!