GK`s Textbook タイトル

キャッチング(ゴロ) お手本&解説

もっとキーパーが詳しく、上手くなる!

このサイトのサービス概要はこちら


今回からはキーパーのゴロのボールのキャッチング方法について解説していきます。
①足で壁を作る
②体全体で受け皿を作る
③抱え込む
④キャッチまでのステップ
この順番に説明していきます。

①足で壁を作る

壁を作っておくことで、ミスをした場合の失点のリスクを無くす事が出来ます。
キーパーキャッチング-ゴロ-お手本-1

②体全体で受け皿を作る

腕全体でボールを迎えましょう。手のひらという「点」でボールを迎えてしまうと細かいバウンドなどに対応出来ません。
腕全体という「面」でボールを迎えるようにしましょう。
キーパーキャッチング-ゴロ-お手本-2
手を前に出す事でボールの勢いを吸収する幅を作っておきます。
キャッチング-ゴロ-お手本-3
キーパーキャッチング-ゴロ-お手本-4

③抱え込む

腕全体を利用して滑り台をのぼるイメージで、胸の位置までボールを持ってきます。
キャッチング-ゴロ-お手本-5
キャッチング-ゴロ-お手本-6
胸までボールが来たら、腕は下から、体は上からボールを包み込みます。体全体を使ってボールを包む事で安定したキャッチングが出来ます。
キャッチング-ゴロ-お手本-7

④キャッチまでのステップ

キャッチング-ゴロ-お手本-8
キャッチング-ゴロ-お手本-9
キャッチング-ゴロ-お手本-10
近い足を出す → 遠い足を近づけながら壁を作る → 手を前に出してクッションを作る。
この順番でキャッチングを行うとスムーズにボールを包み込めます。

手を前に出さずにボールをキャッチしようとすると握力のみで無理やりボールをキャッチする事になるので、前にボールをこぼしやすくなります。力でボールをキャッチするのではなく、体全体で包み込むようにキャッチしましょう。
次回は「ゴロのキャッチングのミスのカバー方法」についてご紹介致します。

個別のアドバイスをもらいたい方は会員登録

をしてください!無料会員でも最新情報などお知らせしています!