GK`s Textbook タイトル

キャッチング(浮き玉)の考え方

もっとキーパーが詳しく、上手くなる!

このサイトのサービス概要はこちら


今回からキャッチング(浮き玉)について解説していきます。
まずはキーパーをする上でのキャッチングの考え方を説明致します。

キャッチングの考え方-1
キャッチングの考え方-2
キャッチングの考え方-3

マーカーは同じ大きさなので、重ねる事が出来ます。
手でボールと同じ大きさの「受け皿」を再現してあげれば、マーカー同士が重なるようにボールを迎えてキャッチする事が出来ます。
キーパーキャッチングの考え方

ボールを「挟む」、「掴む」といった考え方ではなく、ボールと同じ大きさの受け皿を作り、ボールをそこに迎えてあげる。という考え方です。
普段の練習、トレーニングから常にこの考え方で取り組む事で安定したキャッチングを身につける事が出来ます。

それではお手本を見てみましょう。

個別のアドバイスをもらいたい方は会員登録

をしてください!無料会員でも最新情報などお知らせしています!